羽根付きたい焼き誕生秘話

神田達磨が開店した2007年12月12日、実はその3日前まで羽根付きたい焼きは完成していませんでした。 メーカーからオリジナルのたい焼き鉄板が届き、試作を重ねていたのが開店3日前、その時点の商品は余分にはみ出た皮を切りそろえずにそのまんま提供する予定の「いびつなたい焼き」。 もともと見た目の面白さなんて全く考慮していませんでした。「自家製餡+焼き立て提供の本 … “羽根付きたい焼き誕生秘話” の続きを読む

あんこは自分で作りたい?

たい焼きの命のあんこを仕入れるか自分で作るか、どちらにも一長一短がありますね。 製餡メーカーというものが全国にたくさんありまして、一般にはあまり知られていませんけども。普通はあんこって仕入れますよね、自分で作ろうったって簡単に作れるものじゃない。誰も作り方教えてくれませんし、教わったってすぐに出来る訳でもないし。 私の場合は「教えましょうか?」と言って下さっ … “あんこは自分で作りたい?” の続きを読む

薄皮か厚皮か、それが問題だ。

神田達磨の開業前の話。 鯛焼きの皮は、厚い皮と薄い皮、どっちにしようかなって時がありました。  調査の結果、特にどちらかに評価がかたよることもなく、要するに「美味しければどっちでも」という感じでした。それぞれにファンがいる。 となると、どちらをやるべきか?は判らずじまいとなり、 「自分の好きなほうをやれば良いや」と結論付けました。 こうでなくてはダ … “薄皮か厚皮か、それが問題だ。” の続きを読む

縁とか恩とか

 私の人生に恩師は二人、恩人は数知れず。縁・恩無くして今の自分はありません。 神田達磨の一号店は千代田区、神田小川町交差点の角に面した一等地でした。 一等地物件っていうのは、物件が空いたら申し込みがじゃんじゃん入りますから、普通の貸主さんは信用のある会社、資本力のある会社さんに貸したい。 私のように起業一号店の物件を探している、担保も無ければたいし … “縁とか恩とか” の続きを読む

結局なにがしたいの自分?

お店を出す時って、何一つ思い通りにはいかないものですから、思考があっちこっちに行ってしまいがちです。迷います。 だから常に(自分は結局なにがしたいの?)って自問自答が大事になります。 お金儲けが目的ではないとか綺麗なこと言っても、起業はボランティアでもない訳で、要するになにがしたいの自分は?って。そこがぶれたらダメなんです。 自信をもって「これ美味しいから食 … “結局なにがしたいの自分?” の続きを読む