薄皮か厚皮か、答えはこれだ!

一つ前の投稿をまずは読んで頂くと判りやすいかも・・・。

昔ながらのたい焼きは全て薄皮である意味についてお教えしましょう。

ズバリ、薄皮のほうが“あんこが美味しい”から薄皮なんです。

たい焼きが誕生する前からあったもの、それはあんこです!

美味しくあんこを食べる方法の一つとしてたい焼きが生まれたんですね!!

小麦粉を水で溶いて重曹を少々入れただけのシンプルな薄皮で鯛焼きを作ることで、あんこの美味しさを少しも損なわない、邪魔しないたい焼きが誕生した訳ですね。

たい焼き好きはたい焼き以前にあんこ好きな方が多いはずです。だからあんこの美味しくないたい焼きは二度と食べたくないはず。

はっきり言います。「鯛焼きは薄皮のほうがあんこが美味しい」

(一方の厚皮たい焼きは、皮の美味しさを楽しめますから皮派の方は厚皮をお楽しみください)

じゃあ羽根付きたい焼きは?というと、

薄皮ボディに仕上げながら、周りに付いた皮もちゃんと味わえる設計になっているんです。