たい焼き業界の進化

30年前、屋台で売っているホットケーキMIXと中国製の甘くってパサついたあんこで作られた作り置きが普通だったたい焼き。フードコートで、商店街で80円、100円で買えたたい焼き。

私が起業した12年前は、

「たい焼き?最後に食べたのいつだっけな」

「美味しいたい焼き屋?知らないな~、どっかにあるんですか?」

現在、主要都市を中心にたくさんの美味しいたい焼き店が存在しています。店の数も何倍にも増えました。

材料、製法、創意工夫はいつの時代でもされてきましたがやはり、インターネットで情報が取れる時代になってから切磋琢磨のサイクルが飛躍的に上がった気がしますね。

そして今、

「美味しいたい焼き屋さんってどこに有りますか?」

「そんなの、どこにでもありますよ」